HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年7月

ブログ 2018年7月

自分の子供の姿勢が気になった時に何を一番にすればよいか?

親として子供の姿勢の悪さが気になっています。
さて、あなたならどういう行動に出ますか?
 
1、子供に姿勢よくしなさい、と注意する
2、なぜ悪い姿勢がいけないのか説明も含め注意する
3、姿勢矯正ベルト、グッズを用意し使うように言う
4、姿勢矯正をどこかで施術してもらう
5、言っても聞かないので何もしない



5、は何も行動していませんが、
子供の為を思うならそれ以外の
4つのどれかは行動しているのではないでしょうか。

一番多いのは
姿勢よくしなさいと注意する
でしょうか。
その時、理由も説明したほうが子供も納得しやすいと思います。

ですが、、

実はもっと大事なことがあります。
子供の姿勢が気になった時まず一番にすることは




自分の姿勢を見直す!
同居する家族、大人の姿勢を見直す!




これです!


子供は大人を見て育つので
親の姿勢が悪いとその姿が映像として
子供の脳にそのまま刷り込まれます。
この刷り込みとは侮れなくて
意識しなくても自然とそうしてしまう
そうなってしまう
ということがあるのです。


子供の姿勢の悪さが気になったら
子供を注意する前に
まず自分、一緒に生活している大人の姿勢を
今一度見直してみましょう。
そして悪い姿勢は正しましょう。

いくら注意しても子供が言うことを聞かない、
のであればまず自分を見つめなおしてください。
注意する人の姿勢が悪ければ
子供は返事だけはとりあえずしても
実行しようとはしません。

姿勢が悪いのは遺伝でしょうか?
と時々聞かれます。

姿勢は遺伝しませんが
親の姿勢が悪いと
後天的に影響を与えることは考えられます。

という説明をします。

大人も子供も姿勢良いほうが当然いいです。
姿勢を正して明るい毎日を過ごしましょう‼


※※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水かおる ※※※

1

« 2018年6月 | メインページ | アーカイブ | 2018年8月 »

このページのトップへ