HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年10月

ブログ 2018年10月

ぎっくり腰になったとき、次にすること

⚫︎ギックリ腰か?と思った時にまず する事

1.痛めたすぐ反対側に動かす(前回記載分)
2.冷やす。冷やす、とにかくしっかり冷やす


冷やすのに使うのは氷水‼︎もしくは保冷剤。
10〜15分冷→15分休✖️3回

これを、できれば朝昼晩。
連続して冷やすと凍傷になるので休みを必ず入れる
座り仕事ならその間もできれば冷やす。

※絶対に温めない‼︎ 症状長引かせます‼︎


(注意)
湿布は患部を冷やしません。むしろ温めます。
薬剤の塗布で貼った瞬間に冷やっとする感覚になるだけです。
薬剤は消炎症剤ですが、冷やすわけではありません。
ご注意ください

ぎっくり腰になったとき、まずすること

【ワンポイント 1】
何かの動作で体痛めたと思ったときは
その時すぐに

その痛めた動作の反対の動作でストレッチ

すぐ‼️がポイント

体が修復反応する前にそれをやっておくと
その後が全然違う。

※ねんざの場合は、
 ひねって伸びている部分を反対側に動かして
 縮めるイメージ


呼吸は止めずに動かすときに息を吐いてください

 

 



足がしびれたとき...どうしたらいい?

座っていたりして足が痺れた時、どうしたらいい?

痺れたんじゃないか?
と思ったらすぐに

どんな体勢でもいいのでとにかく

アキレス腱を しっかり伸ばす‼︎
(アキレス腱~ふくらはぎのイメージです)


正座の姿勢でもちょっとお尻を浮かしてアキレス腱を
ピンポイントで伸ばすことできます。

時間を測った事はないですけど
1分もしたらいいんじゃないかと思います

すぐに立って歩けるようになっています。

足がしびれたとき、お試しください♪

※※※  折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水かおる ※※※

 


1

« 2018年8月 | メインページ | アーカイブ | 2018年11月 »

このページのトップへ