HOME > ブログ > 2ページ目

ブログ 2ページ目

足首と首の関係~からだのつながり

こんばんは、折尾SIJカイロプラクティックセンターのしみずです。
すっかりブログが遠のいていました、
季節も春になってきてまして、前回はいつだっか??てな状態を反省しています。
気を取り直して本題に入ります(笑

特に初めての施術の方が驚かれることは
『体ってそんなつながりがあるんですか?』

これだけ聞いてどういうことか想像できますか?
一番わかりやすいのは
足首を少し触ったら(調整をしたら)首の痛みが無くなった
もしくは痛みが変わった、張りが無くなった、変わった
という事が多いですね。
これはよく驚かれることの一つです。

体感して頂くために、
まず首のどこに痛みがあるか触れて確認します。
その後、足首を調整します。
そのあとまた同じところを触って痛みを確認してもらいます。

いや、微妙にさっきと触っている場所が違うんじゃないか?
と首を傾げられたりしますのでそのあたりを場所変えて触って確認します。
『あれ、やっぱり痛くない。』

体のつながりを体感してもらうには痛みとは違う場所を触って
痛みが取れる、ということが本当にわかりやすいです。

そのために、いままでの経緯の情報が必要になってきます。

経緯とは、いつどんなケガ、骨折、手術、事故、病気などをしたか、です。
最初聞いていくと、よく耳にするのは
これはもう相当小さいころで関係ないけど…とか、
大したことない手の指の骨折だった、とか
いやいや、それが大したことなのですよ。本当は。

ということで今の状態から関係すると思われるところは
特に必ず触って丁寧に確認します。

先ほどの足首の調整で首の痛みが変わった方は
足の指を骨折した経験もありました。

たかが小さな骨折、捻挫ではないんですよ。
痛みが無くなったから良し、ではないんですよ。
の説明に入ります。

体は足の先から頭のてっぺんまで全部繋がっています。
どこかがどうかなると必ず全身に影響があっています。

これは体感できてもできなくても知っていて頂きたいことです。

来られた方はどの方でも できるだけわかりやすく
体のつながりを体感していただきたいのですが
まぁ、反応は人それぞれなところもあります(笑

でも知らなかったからだのことを知るいい機会でもあります。

体感できない方にも説明はわかりやすくと心掛けています。
どこか痛くなったら嫌ですけど、それで気付くことも沢山ありますので
悪い事ばかりではありません。
前向きに捉えることができるお手伝いをしていきます‼

あ、自分は自分に起こるすべてが研究の対象なので何事も楽しんでいます♪

※※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水 かおる ※※※



腕の痛みとしびれに心療内科

12月は毎日が真冬並みの寒さのようで非常に寒く感じました。
身体が思ったより冷えて体調にも影響がでている感じです。
皆様、体調管理お気をつけ下さい。

今日は腕の痛みとしびれを病院で訴えたら
診療内科を勧められたという話です。

もともと交通事故、
また他の整体で首を左右に力任せにボキボキとされて
非常に状態がよくなかったのですが、
去年何度か当院に来られてずいぶんと回復されてました。
最後の受診は夏なので、一年以上ぶりに連絡があり、
今度は両手しびれてきまして…
とりあえず掛かりつけの内科で受診があったのでついでに手の件を訴えたら
神経の痛みは薬ではよくならないので
心療内科に行ってください。
と言われたと。。
悲痛な声で連絡がありました。

‥‥もう少しなんとか言い方はないものでしょうか?
大半の病院の先生は一生懸命なんだと思います。
けれども
どう考えたら心療内科…?
とても改善するとは思えませんが…
ましてや薬は普通に処方されるのではないでしょうかね?
整合性がないような気もしますけれど。

来られる方の様々な情報では
病院でまともな説明をされてない方が多くて本当に驚いてしまいます。

当院に来られた方にはわかりやすい説明をと心掛けていますが
このような事を聞くと
説明の仕方などにもう少し気を配ろうと改めて思いますので
それはそれで自分には良い機会であると思います。

ですが、患者さんの事を第一に考えたら
お忙しい病院の先生でももう少し違った対応があるのではないかと
胸が痛くなることがあります。

確かにわかりやすい説明というのは難しいものです。
ですが、自分はそのことを胸にこれからも真摯に取り組んでいこうと思いました。

※※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水 かおる ※※※

心と体のつながり

寒さがちょっと緩むと次の寒さが堪えます…
冬生まれですが寒いのは苦手です。
こんばんは、折尾SIJカイロプラクティックセンターの清水です。

先日来られた方との会話で
身体って面白いですよねー。
という話になりました。

飲食店で働いてある方ですが
超忙しい時には全然腰とか痛くないのに
休憩に入っていいとなって
休憩できると思ったら途端に体だる~くなって
めっちゃ重たく感じるし腰も痛くなるしで…

気が張っている時って
わからないものなんですねー。
だから無理しちゃうんでしょうね。
気の緩みってこわいですねー。
ということは常に気を張っていないとダメって事?

とおっしゃってました。


確かに、急性腰痛の方でも
仕事で忙しいのが落ち着いてほっとしたら
必ずぎっくり腰みたいになるんですけど…
これって何か関係ありますか?

と聞かれたこともあります。

きっと皆様も体験したことがあって
なんとなくそうなんじゃないかな、と気づかれていると思います。

このように心理的に関連して感じる腰痛は
緊張が長く続いた後ほっとした時に出る場合の他に
嫌な事や大事な場面の前に起こる場合(逃避反応)
もあります。
どちらも極度の緊張があっての体の反応です。
極度の緊張は交感神経を過剰に働かせますので
筋肉にも力が入った状態です。
適度な緊張感は必要ですが、過度の緊張は筋肉も必要以上に緊張させています。

ストレスを感じている時
ストレスから解放された直後
どちらも腰痛は起こり得るということです。

ストレスは筋肉に直結なので仕方ないといえば仕方ないのですが
平常時と緊張時のその差が大きいほど影響も出やすくなります。

そうならないようにするにはどうしたらいいのか、
ということになるかと思いますが
それは日頃のメンテナンス。ということに繋がります。
適度な運動(ストレッチ含む)、適切な睡眠、良い食事、良い姿勢

当たり前といえば当たり前ですが
基本はいつも同じで特別な事は必要ではありません。
けれど、それが日常に追われると難しくなってしまい
ひどい腰痛へと繋がってしまいます。

腰痛の原因は精神的な影響を受けた結果以外にもありますが、
精神的な事から痛みにつながるのも少なくはありません。

何か自分にできることで習慣化することを心掛けて頂きたいと思います。
運動が苦手な方は良い姿勢を心掛ける、悪い姿勢に気が付いたらよい姿勢をする
たったこれだけの繰り返しでも体は確実に変わってきます。
身体のバランスをなるべく崩さないようにしていると
ストレスを受けてもひどい状態の腰痛になる確率はぐっと下がります。

これから年末に掛けて
何かと気忙しく落ち着かない感じなので
このような時は特に注意が必要です。
気温の急激な変化も体はストレスと感じますので
尚更のこと用心した方がよい時期でもあります。
皆様、いつも以上に体調管理にもお気をつけ下さい。

 ※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水 かおる ※※

味の感じ方について

 
我が家の犬用に
レンコンハンバーグを作ってみました。
具材は・レンコン・豚肉・おから・ブロッコリー・里芋
犬用ですので味付けは一切ありません。

いつも犬用に何か作ったときは
味見を一応します。
見た目はあれなんで、なんなんですが…(笑
ところがこれ、思った以上においしくてびっくりしました‼
なんとも言えないうま味、、というか甘みというか、、
ちょっと上手に表現できないのですが、、
普通に人もこれだけで食べられると思います。

そこで思ったのですが
人間用なら味付けをすくなくとも塩コショウはするでしょう。
この味付けの仕方によって素材の味をわからなくしていることって
大いにあるなーと。
時々料理のレシピをネットでも見たりしますが、
だいたいその通りに作ったらどうも調味料が多いような気がするのですが
そんなにいろいろ入れないと美味しくならないのか??
逆に複雑すぎる味になるんじゃないか?
味も濃いし、皆さんはこんなに味の濃いものを普段食べているのかなぁ?
と疑問に思います。
自分も味の濃いものは好きな方だと思いますが
それでもレシピ通りだと
だいたい濃く感じることが多いです。味覚おかしいのかな(笑

普段自分が作る時
基本味付けはシンプルにしています。
食べるときにソース、ドレッシング類もほぼ掛けません。
家で食べるときはいつもそんな感じです。

素材の味を味わいたいと思って食べていますが
味付けを薄くしすぎるとその素材のもつ味もよくわからない
ということもあるのに
今日のこのレンコンハンバーグは何も味付けをしていないのに
美味しく感じた。。なぜだろう?

その日の体調や季節によっても味の感じ方違いますしね。

味覚って面白いなーとつくづく思いました。
あ。味を感じる味蕾という細胞は
10日~二週間で入れ替わりますので
味覚のリセットをしたいときはそれを目安にされるといいかと思います。
リセットの仕方はいろいろありますが
お手軽が一番ですよねー。
いろいろ試してみたことはまた別記事にします。

※我が家の犬は超食いしん坊なので
有り難いことに何でも喜んで食べてくれます


※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水 かおる ※※
 

身体がだるいだけ...が視力にも影響があった‼

あまり体がきついとは思わなかったのですが
何となく体が重たくてだるい感じで力入らない…
からだ多分歪んでるよねーと思って来ました。


タイトル見たら大層な事かと思いますが
施術家の方は普通にご存知の事だと思いますし、
施術を受けて経験されてある方もいらっしゃるかと思います。

主訴…何となく体が重たくだるい感じがありうまく力入らない

所見…骨盤の大きな傾きがあり回転している。

   生理的S字湾曲(体を横から見た時の前後に湾曲している事です)が強くなっており

   上半身背部にねじれが出ている。

施術部位…骨盤、頸椎、足関節

施術後指導…姿勢の取り方→反り腰の癖があるので正常な姿勢の取り方のポイントを説明


施術中の会話…そう言えばかかとが痛かったのを思い出しました。
       なんでかなと思っていたのですが腰とも関係があったのですね。

施術後感想…自分で真っすぐな姿勢と思っていたのが実は違ったんですね。。

         ものすごく良く見えるようになりました。

         (視界が非常にクリアになったので驚いてありました)

毎回、施術前後では視力の変化が感じられる方なので慣れてあるとは思うのですが
今日はいつも以上だと言って驚いて帰られました。
相当悪かったですよねー、と納得されてました。
更に、自分では真っすぐと思っていた姿勢が全然違った!
と鏡を見て言われました。

所見を上部に書きましたけど細かい事を言えば他にもありました。
頭蓋骨まで影響ありましたので頭痛があっててもおかしくなかったのですが
幸いにしてそこまではなかったようですね。
最後に基本姿勢の取り方をお教えしましたので
少しでも長くいい状態が保てるようになればいいですね。
自分では真っすぐの良い姿勢と思っていても違っていることもよくあります。
その場合は体が正しい姿勢を覚えるまで再教育が必要です(笑

この時季は温度変化などの環境の変化が激しく
身体は思っているよりお疲れの状態ですので
早めのメンテナンスをお勧めします。

※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水かおる ※※
 


明けましておめでとうございます。

2017年が始まりました。
毎年お正月は気分も新たになり
前年の反省をし、今年の目標を立てるのですが
いつの間にか忘れてしまっています。
それじゃいかんやろ!てなものですが自分にゆるすぎますね。
ということで今年の目標は
゛やるべきことをしっかりやる。”
当たり前なんですが、、ね。

日々の施術では
ちょっと説明不足になりがちかな、とも思いますので
そのあたりをもう少し気に掛けながら
皆様としっかり向き合っていきたいと思います。
今年もよろしくお願いします。


人との接し方を考える

ここ数か月バタバタとしていて
ブログが大変お久しぶりとなりました。
いろいろと思うこともあり伝えたいこともあったのですが
なかなか文章にできずにいました。
ようやく落ち着いたのでまたブログもぼちぼちとやっていきます。

今回は不自由さから思う事など…。
例えば、片方の耳が聞こえにくくなったとします。
最初は人の声がよく聞き取れない
というちょっとしたことからなのですが
強いストレスなどでそれが一気に進む時があります。
人との会話がうまく聞き取れないので
返事が曖昧になったり、何度も聞き直したり、聞き間違えをし頓珍漢な返事をしたり、
会話の不便さがちょくちょく出てきます。

少し聞き取り辛くなった時点で
日常生活をする上でのストレスは今までとは種類が違うものになっています。
それによって、本人もイライラしたり
周りの人も会話することにちょっとしたストレスを感じます。

そう想像すること自体はあまり難しいことではありません。
ですが、もう少し不便さを感じている本人に絞って考えてみました。
ストレス具合は人それぞれなので
一概には言えないところもあろうかと思いますが

会話がスムーズに進まないと
人と話をすることが億劫になっているだろうし、
そうなると外出するのもためらってしまったり。
そのちょっとした事が毎日毎日となると
相当に疲れるのではないかと思います。
症状としては、少し聞き取り辛いという程度であっても
ちょっとした外出でも大変疲れてしまう。
その疲弊度はきっと本人にしかわからないのですが
接する方はもう少し気遣って温かく接することが必要であるのだなと思います。
人が想像しているよりはるかに本人は疲れているのであろうということが想像できると、
何回も聞き直されて声を荒げることもできないし。

仕事上でのやり取りであれば、イラつかないことでも
身近な人であればついこっちもイラついたりして。

そんな事を考えていると
施術に来られる方は体のどこかが不調であるので
見た目以上の疲労感を抱えているわけで、
もう少しその不便さや辛さを鑑みての施術が必要であるところだなと反省をしました。
体を診て、だいたいどの程度のストレス具合なのかということは
把握しているつもりでいたのですが、
その先にもう少しの想像力が必要だなと改めて感じましたので
今後の施術、日常に生かしたいと思います。

肩の力を抜くには...

身体に力が入りやすい方は
身体の力を抜くのが苦手な傾向にあります。
身体が力んでいる状態です。
力みというのは身体に
よろしくない事の方が多いので注意が必要です。

施術をお受けになっている時は
力を抜いて頂く事が基本なのですが
それがうまく抜けない方も結構いらっしゃって
初めての方は、やはり不安などもあり力も入ってしまいがちですが
力が入ると矯正もうまくいかないですし、
力みやすい方は普段も怪我をしやすくなります。

私も施術時、
力が入らないようにと声を掛けたり
身体の触れかた、扱い方が雑にならないように
十分気をつけておりますが
力みやすい方と向き合った時の反省材料の一つでもあり
どうしたらよいかという事を常に頭において施術しております。

では普段どうしたら身体の力が抜けるのか?
それにはまず、自分が力んでいるという自覚を持つことです。
どの動作の時に力んでいるのか、
という事が自分でわからなければ
力を抜くという動作もできないからです。

力が入ると
肩が上がります。
歯を噛みしめます。
これが全身に力が入った状態です。
噛みしめた歯を緩めるのはだいたいすぐにできます。
が、上がった肩を下げるのは難しいようです。
下げようとしてまた力が入ってしまう方もいらっしゃいます。
肩を下げるというより肩の力を抜くです。
でも常に緊張状態の方はそれがなかなかできずにいます。
肩の力が抜けると全身の力みも取れるのですが。

身体は揺らす、揺すると弛緩(緩む)します。
少し前、貧乏ゆすりが膝痛に良いとテレビでやってましたっけ。
実際に膝の痛み治療の中で指導されている所もあるようです。
手足をぶらぶら、それだけでも身体は緩みます。
ですが、力が入っているとそのぶらぶらもよくできないんですよね(笑
そうなると力を抜くのは難しい状態となっています。

手っ取り早く 肩の力を抜くには
一旦肩を上げて(肩をすくめるようにして)ストンと脱力。
これが難しければ、
軽くジャンプしてください。
最初肩に力が入っていても、振動で自然と肩が上下してきますので緩んできます。
そして止まった後、肩を上下にストンストンと数回。
その時ストンと肩が落ちた時に脱力している状態ですので
それをまず緩んでいる時の感覚として覚えてください。
うまく肩の力が抜けない方もこれをやっていると
抜けるようになってきます。
そして肩甲骨は意識的に回して下さい。
腕を回すだけではなく、
肩甲骨を意識しながらしっかり回してください。

そして
何をするにも肩を上げないように(肩の力を抜く)
普段からそれを気をつけるようにして下さい。

梅酒を作ってみたり~

SH3I10190001.jpg毎年、この時季梅酒と赤シソ酒を作ってます。
これは梅がめちゃくちゃお安くて(笑)味の方はわかりませんけどとりあえず作ってみました。
今年は赤シソは作らなそうな雰囲気です。
美味しくできますように~♪

6月18日 WL1,8
       梅 1K
       氷砂糖400g

靴は腰痛と関係ありますか?

先日の事、
靴が悪いのではないかとも思うのですが、
腰が…そして久しぶりに膝、それと右肩が異常にこってます。

ということで施術に入りました。
確かに靴が悪いのでは、、の自己診断は間違ってはいませんでした。
骨盤は通常ではないズレ方をしてましたし
右肩は足首の調整でとれました。

靴が古くなって歩くと靴の中で足が泳ぐ状態だったらしく。
仕事の時履くのはパンプス。
そういう靴で歩くとどういう歩き方になるのかという説明から。
脱げないように、と腰が少し曲がって膝から歩くことになって
膝、腰、足首、股関節、と負担掛かった状態になります。
そうなると上半身にも力が入り、今回の右肩のこり、に繋がっています。
と説明しました。

本人納得されたので
さっそく明日靴買いに行きます!!
と言って帰られました(笑

靴が悪いかもと思ったら迷わず買い替えましょう!
また、靴を替えた後、腰や膝など痛みがでた場合は
靴が合ってない可能性があります。
靴代にケチってはいけません。
身体を痛める方が余計にお金掛かります!

自分の足に合う靴を買って下さい。靴に足は合わせられません!
デザインが良いもので足に合うのが一番よろしいでしょうが、
この際、順番としては
1、足に合う靴
2、気に入ったデザイン
でしょう。
何度も言いますが足に合わない靴を履くと身体痛めます!

お値段は関係ないですが、
非常に安い靴は型崩れしたら崩れ方がひどくどうしようもなくなり
型崩れするのも早いような気がします。
そうすると買い替えのサイクルも早くなるので
そこそこのお値段のものがよろしいかとも思います。
(靴屋さんとしては早いサイクルで買い替えて頂いたほうがよろしいかもしれませんけどね…)
が、お値段が高ければよいというものでもありません。
必ず両足とも履いてみて、少し足踏みをして具合の良いものを購入してください。
朝より夕方の方が足が浮腫んでますのでそういう事も考慮してお選び下さい。

靴、本当に大事です。
身体を大切に扱いましょう。

※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水かおる ※※




<<前のページへ123

アーカイブ

このページのトップへ