HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年8月

ブログ 2015年8月

肩の力を抜いて下さい

明日からお盆休みの連休に入ります。
ご迷惑お掛け致しますがよろしくお願いします。

”肩こりが以前からひどかった”
とおっしゃられて来られる特に女性の方が多いのですが。

日常生活での姿勢の問題ももちろんあるのですが、
その方々の状態を良く観察していると
肩に力が入っている方がとても多いのです。
それは何か作業するとき、動作の中で無意識に肩に力が入っているようです。
無意識なので本人は力が入っているなど思ってもいないとおもうのですが、
身体の状態はそのようになっていますので
細かい例を挙げてご本人に確認すると
"あ、そうかもしれません。”
と言わる事もよくあり、自分自身に気がつくきっかけとなったりします。

無意識なので意識しないとその瞬間がわからずなかなか改善できないので、
まずどのような時に自分が肩に力を入れているのかという事に
気がついて頂くのが一番です。
そして気がついたら肩の力を抜く。これの繰り返しが必要です。
それを繰り返すことによってその動作の時に気をつけるようになり肩の力を抜けるようにもなります。
が、長年のクセはなかなか抜けませんよね。わかります(笑)

身体の状態を整えていくと自分の身体の状態もよくわかり観察することができてきます。
それが改善に結びつく事も多いので
肩に力が入っていたらまず力を抜く、肩を回す、手をぶらぶらさせる、など何らかの動作を入れて
身体に力が抜けた状態を地道にじぶんの身体に覚えさせて行って下さい。
それを繰り返すだけでもずいぶんと肩こりの状態になりにくくなります。

肩に力が入ると肩が上がり肩甲骨の動きが悪くなります。
腕を回す時など、肩甲骨から回すように心がけて下さい。
ポイントは肩甲骨がしっかり動いてくれることです。
地道にやってみて下さい。


動いても良いですか?

施術を受けられた方がよく言われる事なのですが

”施術の後、あまり動かないようにしています。”
”動いたらまたズレるのではないかと思っているんですけどどうなんでしょうか”

自分が施術後に言っていることですが、
施術当日は激しい運動、長風呂、アルコールの摂取、これらを控えて下さい。
それ以外は通常通りの生活をして頂いて結構です。

これは施術後間もないうちは筋肉を必要以上に温め緩ませると矯正をした意味がなくなるので
控えておいた方がいいのでそう言っているのですが、
施術後、何日も経っているのに動かないでくださいなどは言いません。
むしろ、多少痛くても動けるのであれば積極的に動いて下さい、と言っています。

人の身体は基本的には動くようにできているので
よろしくない状態をつくるのは動かさないことによる原因が多いので、
自分がまず、動かずに安静にしていてください、とは滅多に言いません。

そしてズレる原因としては、よろしくない姿勢が原因であることが多いので
動いたからではなく、その動いた時の姿勢が悪い、などの原因でズレるので
まず、自分の姿勢を気を付けて、悪い姿勢、体勢にならない、という事を
心がけて日常生活を送って頂きたいと思います。

なので最近はちょっと言い方を変えました(笑)
通常通りの生活をして頂いて結構なのですが、その時に良い姿勢を心がけて下さい、と。

そうすると大概は
”それが一番難しい”とおっしゃいます

確かに、今までのクセは無意識にする動作なので
それをいちいち見直すとなると大変ですよね。
ただ、悪い姿勢であると気がついた時は一旦良い姿勢に改めるという
その動作を入れて頂くだけで結構違ってきます。
身体はやったことに対してはちゃんと応えてくれます。
必ず変化してきます。それは年齢は全く関係ありません。
やるかやらないか、それだけです。

ですので皆様もあきらめずに良い姿勢を今日からでも心がけ実践して下さい。
良い姿勢がわからなくなった時はいつでも聞いて下さい。
大概は帰られる時に、姿勢の取り方をお教えしてますが時々自分抜けてますね(笑)
気をつけます。




1

« 2015年7月 | メインページ | アーカイブ | 2016年5月 »

このページのトップへ