この看板が目印です!

〒807-0825
福岡県北九州市八幡西区折尾3-8-5
サンリブ折尾前

受付時間
11:00~20:00
※要予約制。
 日祝は前日までの予約のみ

定休日
水曜・祝日

Tel.093-695-4735 ご予約・お問い合わせ
症例(男性) 症例(女性) モデルケース Facebook

HOME > 症例(男性)

症例(男性)

関節痛ー肩関節


関節の痛みで来られる方では
肩、ひじ、手首、股関節、膝、足首、
といった部位がありますが、今回は肩関節についてです。

肩の関節は多様に動き、大きく動かせます。
そして肩関節の一番の特徴は

関節の部分は
・くぼみが浅いということ
・関節面が縦軸方向にある
ということです。

簡単に言えば
腕は宙ぶらりんの状態です。
その宙ぶらりんの状態である腕の付け根の関節が
肩の関節ということです。

そしてその不安定な状態を定位置に保っているのは
関節をがっちりと覆うように存在する
筋肉です。

骨格上で不安定な状態ですので
肩の関節は痛めやすいのです。


肩の関節部分が痛む原因の5つ
・からだが歪んでいる
・肩の関節(骨)がずれている、
・肩の関節を動かす筋肉のバランスが悪い
・内臓が弱っている
・手首、ひじ、がずれている

様々な要因が考えられますが
まずはからだのゆがみをなくす事から始めます、
そのあと関節の調整、筋肉調整、内臓調整、
という順序になります。
内臓に絡む場合は専門医の検査、治療が必要になる場合があります。


骨盤矯正

骨盤の役割として大きく二つの要素があります。
1,骨格の土台となる
2,神経系への影響

当院ではまず第一に
人間の身体の土台となる骨盤を正常にさせる事
を基本としています。

まず、ゆがみという点でみていきます
骨格の要はなんといっても骨盤です。
その骨盤を構成する骨の一つ
仙骨がその土台となり
そこに脊柱(背骨)、その一番上には頭 が
乗っています

仙骨が傾いて正常な位置にないと
その上の背骨もバランスをとろうとしますので
どうしても歪んだ状態になります。

ですから、骨盤が正常な位置であることが基本にあって
その上で様々な状態を見きわめていくのが
正しい原因の探り方であると考えます。
まず、骨格の基準をしっかりとさせる。
その部位が骨盤ということです


腰痛

腰痛

腰痛も多くの方が自覚症状として持っています。
日常の動きの中で荷物を持ったり、車の運転をしたりする事は、腰の部分に大きな負荷を与えることになりますので、痛めてしまう機会も増えます。
腰痛の原因もまた、骨盤からくるものが多く、骨盤が歪むことにより姿勢も悪くなり、背中から腰の痛みとして現れます。

腰の骨の歪みが認められた場合でも、まず骨盤から正しくしていきます。
なぜなら、その部分だけ歪みを取り除いても、
骨盤の歪みが取れていない事には、また同じ状態を繰り返すだけだからです。
他に腰痛は内臓からくる場合もありますので、
その場合は内臓の調整を行います。
内臓に絡む場合は、専門医の検査が必要になる場合があります。


肩こり

肩こり

肩こりは、ほとんどの方が一度は経験している症状だと思われます。
骨盤の歪みが、その上に乗っている状態の背骨を歪ませます。
肩周辺の筋肉は、骨が歪むことによって、どちらかが引っ張られたり、縮んだりします。
そのアンバランスな状態が痛みとして現れますので、肩こりという自覚症状になります。
この場合は、骨盤の歪みを正常にすることで多くは解消されます。

しかし、慢性の方などは、骨盤の歪みだけでは解消されず、
内臓と絡んでいる場合もありますので、その時は内臓の調整も必要となってきます。
また、専門医の検査が必要な場合もあります。


頭痛

頭痛

頭痛は本当に辛く、
鎮静剤を飲んでも効かないと悩まれている方も多い症状の一つです。 骨盤の仙骨が歪むことで脊柱が歪み、結果として頭痛を引き起こしている場合には、
仙骨を矯正することによって改善されます。 また、頭蓋骨まで歪んでいれば、その調整を行います。

頭痛の場合も、内臓に絡んでいる場合が多々考えられますので、その場合は内臓の調整を行います。
しかし、頭痛は重大な血管に関係する場合もありますので、その疑いがある場合は専門医の検査が必要になります。


姿勢・骨盤の歪み

姿勢・骨盤の歪み

当院では骨盤は、どのような症状で来られても、
まず最初に確認する箇所です。
「骨盤矯正をしてもらえますか?」と尋ねられる方も結構いらっしゃいますが、骨盤の状態をみるのは基本となりますので、もし歪んでいれば正しい位置に戻します。

人間の身体は全身繋がっていますので、
パーツで判断できるものではありません。
全身の状態をみて、その後に症状が残っていれば、その箇所を詳しく検査し確認するといった手順になりますので、
身体の土台である骨盤は、痛みがないからといって確認しない事はありません。


顎関節症

顎関節症

一般的な症状は顎の痛みとなるわけですが、これもまた骨盤の歪みに関係しています。
というのも、骨盤の動きと顎の関節部分となっている頭蓋骨の側頭骨の動きが連動していますので、骨盤の動きが悪くなると側頭骨の動きにも影響し、顎が開けにくい、痛い、噛みにくいといった状態になるからです。
ですから、骨盤を正しくすればある程度は改善されるものですが、やはり、ずれた状態が長期に渡っていますと関節の部分がずれている事もありますので、その場合は下顎骨を調整します。

しかしながら、骨盤が安定しないと顎の状態も安定しにくいものであり、まず、骨盤を安定させる事が第一になります。
また、噛み合わせは顎の状態が正しくなってから判断した方が正確ですので、顎を正しくした後に咬合の調整を専門医でみてもらう事をお勧めします。


このページのトップへ