HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年11月

ブログ 2017年11月

心と体のつながり

寒さがちょっと緩むと次の寒さが堪えます…
冬生まれですが寒いのは苦手です。
こんばんは、折尾SIJカイロプラクティックセンターの清水です。

先日来られた方との会話で
身体って面白いですよねー。
という話になりました。

飲食店で働いてある方ですが
超忙しい時には全然腰とか痛くないのに
休憩に入っていいとなって
休憩できると思ったら途端に体だる~くなって
めっちゃ重たく感じるし腰も痛くなるしで…

気が張っている時って
わからないものなんですねー。
だから無理しちゃうんでしょうね。
気の緩みってこわいですねー。
ということは常に気を張っていないとダメって事?

とおっしゃってました。


確かに、急性腰痛の方でも
仕事で忙しいのが落ち着いてほっとしたら
必ずぎっくり腰みたいになるんですけど…
これって何か関係ありますか?

と聞かれたこともあります。

きっと皆様も体験したことがあって
なんとなくそうなんじゃないかな、と気づかれていると思います。

このように心理的に関連して感じる腰痛は
緊張が長く続いた後ほっとした時に出る場合の他に
嫌な事や大事な場面の前に起こる場合(逃避反応)
もあります。
どちらも極度の緊張があっての体の反応です。
極度の緊張は交感神経を過剰に働かせますので
筋肉にも力が入った状態です。
適度な緊張感は必要ですが、過度の緊張は筋肉も必要以上に緊張させています。

ストレスを感じている時
ストレスから解放された直後
どちらも腰痛は起こり得るということです。

ストレスは筋肉に直結なので仕方ないといえば仕方ないのですが
平常時と緊張時のその差が大きいほど影響も出やすくなります。

そうならないようにするにはどうしたらいいのか、
ということになるかと思いますが
それは日頃のメンテナンス。ということに繋がります。
適度な運動(ストレッチ含む)、適切な睡眠、良い食事、良い姿勢

当たり前といえば当たり前ですが
基本はいつも同じで特別な事は必要ではありません。
けれど、それが日常に追われると難しくなってしまい
ひどい腰痛へと繋がってしまいます。

腰痛の原因は精神的な影響を受けた結果以外にもありますが、
精神的な事から痛みにつながるのも少なくはありません。

何か自分にできることで習慣化することを心掛けて頂きたいと思います。
運動が苦手な方は良い姿勢を心掛ける、悪い姿勢に気が付いたらよい姿勢をする
たったこれだけの繰り返しでも体は確実に変わってきます。
身体のバランスをなるべく崩さないようにしていると
ストレスを受けてもひどい状態の腰痛になる確率はぐっと下がります。

これから年末に掛けて
何かと気忙しく落ち着かない感じなので
このような時は特に注意が必要です。
気温の急激な変化も体はストレスと感じますので
尚更のこと用心した方がよい時期でもあります。
皆様、いつも以上に体調管理にもお気をつけ下さい。

 ※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水 かおる ※※

味の感じ方について

 
我が家の犬用に
レンコンハンバーグを作ってみました。
具材は・レンコン・豚肉・おから・ブロッコリー・里芋
犬用ですので味付けは一切ありません。

いつも犬用に何か作ったときは
味見を一応します。
見た目はあれなんで、なんなんですが…(笑
ところがこれ、思った以上においしくてびっくりしました‼
なんとも言えないうま味、、というか甘みというか、、
ちょっと上手に表現できないのですが、、
普通に人もこれだけで食べられると思います。

そこで思ったのですが
人間用なら味付けをすくなくとも塩コショウはするでしょう。
この味付けの仕方によって素材の味をわからなくしていることって
大いにあるなーと。
時々料理のレシピをネットでも見たりしますが、
だいたいその通りに作ったらどうも調味料が多いような気がするのですが
そんなにいろいろ入れないと美味しくならないのか??
逆に複雑すぎる味になるんじゃないか?
味も濃いし、皆さんはこんなに味の濃いものを普段食べているのかなぁ?
と疑問に思います。
自分も味の濃いものは好きな方だと思いますが
それでもレシピ通りだと
だいたい濃く感じることが多いです。味覚おかしいのかな(笑

普段自分が作る時
基本味付けはシンプルにしています。
食べるときにソース、ドレッシング類もほぼ掛けません。
家で食べるときはいつもそんな感じです。

素材の味を味わいたいと思って食べていますが
味付けを薄くしすぎるとその素材のもつ味もよくわからない
ということもあるのに
今日のこのレンコンハンバーグは何も味付けをしていないのに
美味しく感じた。。なぜだろう?

その日の体調や季節によっても味の感じ方違いますしね。

味覚って面白いなーとつくづく思いました。
あ。味を感じる味蕾という細胞は
10日~二週間で入れ替わりますので
味覚のリセットをしたいときはそれを目安にされるといいかと思います。
リセットの仕方はいろいろありますが
お手軽が一番ですよねー。
いろいろ試してみたことはまた別記事にします。

※我が家の犬は超食いしん坊なので
有り難いことに何でも喜んで食べてくれます


※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水 かおる ※※
 

身体がだるいだけ...が視力にも影響があった‼

あまり体がきついとは思わなかったのですが
何となく体が重たくてだるい感じで力入らない…
からだ多分歪んでるよねーと思って来ました。


タイトル見たら大層な事かと思いますが
施術家の方は普通にご存知の事だと思いますし、
施術を受けて経験されてある方もいらっしゃるかと思います。

主訴…何となく体が重たくだるい感じがありうまく力入らない

所見…骨盤の大きな傾きがあり回転している。

   生理的S字湾曲(体を横から見た時の前後に湾曲している事です)が強くなっており

   上半身背部にねじれが出ている。

施術部位…骨盤、頸椎、足関節

施術後指導…姿勢の取り方→反り腰の癖があるので正常な姿勢の取り方のポイントを説明


施術中の会話…そう言えばかかとが痛かったのを思い出しました。
       なんでかなと思っていたのですが腰とも関係があったのですね。

施術後感想…自分で真っすぐな姿勢と思っていたのが実は違ったんですね。。

         ものすごく良く見えるようになりました。

         (視界が非常にクリアになったので驚いてありました)

毎回、施術前後では視力の変化が感じられる方なので慣れてあるとは思うのですが
今日はいつも以上だと言って驚いて帰られました。
相当悪かったですよねー、と納得されてました。
更に、自分では真っすぐと思っていた姿勢が全然違った!
と鏡を見て言われました。

所見を上部に書きましたけど細かい事を言えば他にもありました。
頭蓋骨まで影響ありましたので頭痛があっててもおかしくなかったのですが
幸いにしてそこまではなかったようですね。
最後に基本姿勢の取り方をお教えしましたので
少しでも長くいい状態が保てるようになればいいですね。
自分では真っすぐの良い姿勢と思っていても違っていることもよくあります。
その場合は体が正しい姿勢を覚えるまで再教育が必要です(笑

この時季は温度変化などの環境の変化が激しく
身体は思っているよりお疲れの状態ですので
早めのメンテナンスをお勧めします。

※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水かおる ※※
 


1

« 2017年1月 | メインページ | アーカイブ | 2017年12月 »

このページのトップへ