HOME > ブログ > ワンポイント > 肩の力を抜くには...

ブログ

< 梅酒を作ってみたり~  |  一覧へ戻る  |  人との接し方を考える >

肩の力を抜くには...

身体に力が入りやすい方は
身体の力を抜くのが苦手な傾向にあります。
身体が力んでいる状態です。
力みというのは身体に
よろしくない事の方が多いので注意が必要です。

施術をお受けになっている時は
力を抜いて頂く事が基本なのですが
それがうまく抜けない方も結構いらっしゃって
初めての方は、やはり不安などもあり力も入ってしまいがちですが
力が入ると矯正もうまくいかないですし、
力みやすい方は普段も怪我をしやすくなります。

私も施術時、
力が入らないようにと声を掛けたり
身体の触れかた、扱い方が雑にならないように
十分気をつけておりますが
力みやすい方と向き合った時の反省材料の一つでもあり
どうしたらよいかという事を常に頭において施術しております。

では普段どうしたら身体の力が抜けるのか?
それにはまず、自分が力んでいるという自覚を持つことです。
どの動作の時に力んでいるのか、
という事が自分でわからなければ
力を抜くという動作もできないからです。

力が入ると
肩が上がります。
歯を噛みしめます。
これが全身に力が入った状態です。
噛みしめた歯を緩めるのはだいたいすぐにできます。
が、上がった肩を下げるのは難しいようです。
下げようとしてまた力が入ってしまう方もいらっしゃいます。
肩を下げるというより肩の力を抜くです。
でも常に緊張状態の方はそれがなかなかできずにいます。
肩の力が抜けると全身の力みも取れるのですが。

身体は揺らす、揺すると弛緩(緩む)します。
少し前、貧乏ゆすりが膝痛に良いとテレビでやってましたっけ。
実際に膝の痛み治療の中で指導されている所もあるようです。
手足をぶらぶら、それだけでも身体は緩みます。
ですが、力が入っているとそのぶらぶらもよくできないんですよね(笑
そうなると力を抜くのは難しい状態となっています。

手っ取り早く 肩の力を抜くには
一旦肩を上げて(肩をすくめるようにして)ストンと脱力。
これが難しければ、
軽くジャンプしてください。
最初肩に力が入っていても、振動で自然と肩が上下してきますので緩んできます。
そして止まった後、肩を上下にストンストンと数回。
その時ストンと肩が落ちた時に脱力している状態ですので
それをまず緩んでいる時の感覚として覚えてください。
うまく肩の力が抜けない方もこれをやっていると
抜けるようになってきます。
そして肩甲骨は意識的に回して下さい。
腕を回すだけではなく、
肩甲骨を意識しながらしっかり回してください。

そして
何をするにも肩を上げないように(肩の力を抜く)
普段からそれを気をつけるようにして下さい。

カテゴリ:

< 梅酒を作ってみたり~  |  一覧へ戻る  |  人との接し方を考える >

同じカテゴリの記事

運動が苦手な方は...

今日は一日雨模様となりました。
歩きたいのに歩けないとうずうずしてある方もいらっしゃるかと思います。
が、休養日も必要ですので天気の回復を待ちましょう(笑)

健康のためには適度な運動が必要であろうとは誰もがわかっているとは思いますが、
身体を動かすのが苦手な方や、日ごろ運動の習慣のない方は
わかってはいてもなかなか実行には移せません。
そもそも適度ってどれくらい?と何もしていない内から
あれこれ頭で考えてしまい、よくわからないという理由付けをし
自分に都合良く運動しない方向へと向かわせます。
そもそもめんどくさい事だしわざわざねぇ…
そのお気持ちは良くわかります(笑)

施術後のアドバイスでも身体を動かすことについて
時には背伸びでもしましょう、
腕を回しましょう、
胸を張りましょう
少し歩く時間を作ってみてください、など
いろいろ言いますが。

身体を動かしたくない方には
運動があまりしたくないのであればせめて姿勢だけは良くしましょう。
と言って、正しい立姿勢と座る姿勢を教えています。

正しい姿勢をしようと思えばそれを保つ筋力が必要ですし、
普段使っていない筋肉を使わなければなりません。
はっきり言って、正しい姿勢をするのは結構疲れます。
とりあえず疲れます、
今まで使っていなかった筋肉を使う事になるので仕方のない事ですが、
気をつけてやっていくうちに疲れ方変わってきますし、
そのうち姿勢も良くなります。
正しい姿勢をすることで筋トレになります。

大方このようなご説明になります。
こちらとしては、すぐに姿勢が良くなるとは思っていませんし、
良くしてもすぐに疲れてダレて断念したりする事もあろう事もわかっています。
一番必要なのは、それができたできなかったではなく
まずは姿勢良くしようという意識を持っていただいて、
時には悪い姿勢に気づいて頂き、そのうちの何回でもいいので
良い姿勢をしてみる、という流れです。

身体はやれば必ず応えてくれます。
それは歳は関係ありません。
ご年配の方は、もうこの歳だから仕方ないと諦めていらっしゃる方が多いのですが
そんな事はありません。
いくつになっても筋肉はつきます。
姿勢も良くなります。

施術して次に来られた時身体の状態を見れば、意識が変わった変わっていない、
というのはすぐにわかります。
意識が変わらない方には根気良く何度もお伝えしていきますが。
不思議なもので意識が変われば身体の反応は早いもので状態もそれまでとは明らかに違ってきます。

そもそも今までは姿勢を良くしようと思っても
身体の歪みがあればそれは相当苦痛ですし、できなかったとも思います。
当院での施術後は
今までとは身体の状態は変わっていますので
どこかのタイミングでそれを実感していただければ
普段の悪い姿勢にも気付けて、姿勢を良くしようという意識も芽生えるのではと思います。
そういう意識が芽生えたら、身体の使い方も自然と変わってきます。

とりあえず、運動が苦手な方は姿勢良くすることを心がけてください。

  姿勢を良くしようという意識を持つ 
→ 悪い姿勢に気付く
→ 姿勢を正す
→ 悪い姿勢に気付く
→ 姿勢を正す

………
この繰り返しです。
身体の再教育といったところでしょうか。
なかなか根気も要りますね(笑)

※※ 折尾SIJカイロプラクティックセンター 清水 かおる ※※

肩の力を抜いて下さい

明日からお盆休みの連休に入ります。
ご迷惑お掛け致しますがよろしくお願いします。

”肩こりが以前からひどかった”
とおっしゃられて来られる特に女性の方が多いのですが。

日常生活での姿勢の問題ももちろんあるのですが、
その方々の状態を良く観察していると
肩に力が入っている方がとても多いのです。
それは何か作業するとき、動作の中で無意識に肩に力が入っているようです。
無意識なので本人は力が入っているなど思ってもいないとおもうのですが、
身体の状態はそのようになっていますので
細かい例を挙げてご本人に確認すると
"あ、そうかもしれません。”
と言わる事もよくあり、自分自身に気がつくきっかけとなったりします。

無意識なので意識しないとその瞬間がわからずなかなか改善できないので、
まずどのような時に自分が肩に力を入れているのかという事に
気がついて頂くのが一番です。
そして気がついたら肩の力を抜く。これの繰り返しが必要です。
それを繰り返すことによってその動作の時に気をつけるようになり肩の力を抜けるようにもなります。
が、長年のクセはなかなか抜けませんよね。わかります(笑)

身体の状態を整えていくと自分の身体の状態もよくわかり観察することができてきます。
それが改善に結びつく事も多いので
肩に力が入っていたらまず力を抜く、肩を回す、手をぶらぶらさせる、など何らかの動作を入れて
身体に力が抜けた状態を地道にじぶんの身体に覚えさせて行って下さい。
それを繰り返すだけでもずいぶんと肩こりの状態になりにくくなります。

肩に力が入ると肩が上がり肩甲骨の動きが悪くなります。
腕を回す時など、肩甲骨から回すように心がけて下さい。
ポイントは肩甲骨がしっかり動いてくれることです。
地道にやってみて下さい。


このページのトップへ